読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIKITA


リュック・ベッソン監督作品を観るのは2回目だ。

初めて観たのはレオンだった。
あの衝撃はわすれられないな。

映画で泣いた事なんて数回しかないけどレオンは泣いた。
感動した勢いでブルーレイ買ったからな(笑)


まぁ今回観たのはレオンではなくニキータです。


オープニングからレオンに似てるなと感じた。
内容は全く違ったのだが。

不良少女が殺し屋に教育されていくのだが、その過程で涙あり愛ありの感じでござんす。

ざっくりあらすじだけ読むとこれレオンじゃね?(笑)



でもニキータはマチルダ程若くないからね~
愛の内容(?)が違ってきますね~。


最初は薬中毒のイカれた女で、ガサツで下品だしこりゃ教育無理だろって感じたけど…変わるね~女は。

そして教育係(?)のボブとくっつくのかと思いきや別の男と付き合っちゃうのね~。

ボブとのキスシーン急でビックリした(笑)
このタイミングで????wって思った。


街に出て普通に暮らしだすんだけど、初日から男引っ掛けててすごい(笑)
スーパーの店員(笑)
そのままその人と婚約までしちゃうし(笑)

婚約者のマルコすごい優しくて素敵。

ジャン=ユーグ・アングラードのファンになりました。



レオンのモデルになってた掃除人も出てきた!
キャー♡ジャン・レノ~~~!
かっこいいけどだいぶクレイジー(笑)
ころし過ぎやで(笑)


ラスト切なかったな…ボブ宛の手紙には何て書いてあったんだろ…
マルコはその内容に嫉妬して破ったんだと思うけど。


すごくクールな終わり方だった。
レオン級の切ない終わり方想像してたから。

嗚呼、ニキータ幸せになっておくれ(涙)


f:id:tonew:20160313025530j:image

レストランでの戦闘シーンは迫力あって良かった。
リュック・ベッソンの作品はやっぱこうでなきゃ。